アラフィフ投資 失敗から始まる



にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ








 

今週の投資報告です。

 

FX

ポジションを取り直してMXN/JPYの買いポジションを持っ

たまま放置。

今朝 確認したところ 再度のロスカットという事になっ

ておりました。

残念ですが二匹目のドジョウは居ませんでした。

今週のFXの取り引きの結果は10,000円の入金に対して

4,164円のマイナスでした。

FXに関しては当面見合わせる事に致します。

この世界は甘くなかったです。反省しております。


見合わせる理由

 投資金額が少なすぎて取り引き出来る通貨が限られる。

 レートの低い通貨はスプレットが大きすぎて取り引きが

 不利である。

 基軸通貨とは異なり上下を繰り返しながら下落傾向である。

 高金利と言われているがスワップが非常に低く長期投資の

 対象にない。

等の理由からです。もう少し慎重に入るべきでした。

 


投資信託

 三菱UFJ-eMAXIS  Slim

 米国株式(SP50058,531口 9,283円(取得単価)

   9,310円 前日比 262

Tポイントで買い付けした分は買い付け余力から除外されま

したので2,137円分 買い付け余力が残っております。

昨日から今日にかけてのNYダウが −360.91ドル安の 

21,052.53ドルと大幅下落したので月曜日の投資信託評価額

250円程度下がると思われます。

ここで生活資金を10日間ほど投入しての(100,000円ほど)

難平買い付けも考えております。現時点でさえ定期代金を

突っ込んでの口数ですので、定期の更新の際の6月には一旦 

ポジションの解消が必要ですので躊躇するところです。


市場について

昨日の日経平均株価は+1.47円の17,820.19円でした。

しかしながら日経平均は日銀が年金資金を投入しての相場

ですのである意味ドーピング相場です。

NYダウ平均ほか先進国の株価平均の下落も考えると全体の

地合いもまだまだベア相場です。


コロナウイルス

病気の増加幅が落ち着かないと相場も落ち着きません。

原因はここにあるからです。要はコロナ相場になっており

ます。

世界のチャートの底打ちの確認よりも発症数のチェックを

する方が重要になってくると思います。

現在世界では100万人以上の方々が発症しております。

まだまた落ち着く事はないでしょう。

世界での発症もアジア→ヨーロッパ→北米と広がってきて

おり、これから南米やアフリカにも広がっていくことを考

えるとまだまだ数か月は増えていくことになると思います。

医療システムが発達していない地域ですので今までよりも

状況は悪くなるでしょうね。

相場の底が分からない条件での短期間での生活資金の投入

は非常に危険です。相場に投入するのは余裕資金でと言わ

れておりますので良く考えて行動します。


現在 物色中の投資信託としましては

三菱UFJ国際-三菱UFJリートオープン(毎月決算型)

13,396円前日比 −253円のチェックも継続して行って

おります。

これは リートで決算日が10日で 分配金が300

あります。リート全体の指数も短期的には底打ちした様に

見えますが長期での資金投入にはリスクが高いと思います。

市場の状況を織り込んでの再びの下げがあると思います。


私の行う事は 

資金を10,000円づつ毎月増やしていく。

 その為の小遣いを節約する。

 労働資本が現在の我が家の重要な収入源ですので健康の

 維持を行う。

 

相場で生き残っていけるように夢を持って生活してきます。


投資は自己責任でお願い致します。

 

 



スポンサーリンク

プロフィール

おやじラリーマン

Author:おやじラリーマン
こんにちは。家族の為に30000円の小遣いを節約して投資を始めます。2020年8月膀胱腫瘍になりました。闘病記録も併せてアップしていきます。

スポンサーリンク

お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プライバシーポリシー

広告の配信について 当サイトはGoogle及びGoogleのパートナー(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトやその他のサイトへの過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 Google が広告 Cookie を使用することにより、当サイトや他のサイトにアクセスした際の情報に基づいて、Google やそのパートナーが適切な広告を表示しています。 サイト利用者様はGoogleアカウントの広告設定ページ(https://adssettings.google.com/ u/0/authenticated)で、パーソナライズ広告を無効にできます。また aboutads.info のページにアクセスして頂き、パーソナライズ広告掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告におけるCookieの取り扱い詳細については、Googleのポリシーと規約ページ(https://policies.google.com/ technologies/ads)をご覧ください。

スポンサーリンク

検索フォーム

コメント

非公開コメント