大学病院で検査を行った結果とかかったコスト(VS泌尿器科コスト)


にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

にほんブログ村 病気ブログ 膀胱がんへ
にほんブログ村 


こんにちは。
本日 手術前の検査のやり直しのため大学病院に行ってきました。

大学病院での検査項目は 
 尿検査 血液検査 レントゲン 心電図 CT(造影剤)膀胱鏡
 でした。

今日の検査の結論
 尿 血液 レントゲン 心電図では問題ないとの事でした。
 CT(造影剤)では肝嚢胞あり 両側腎嚢胞あり 前立腺腫大あり
 とあり 少し気になりましたが問題ないとの事。
 CTでは肺を含めて転移は見られなかった。
 MRI(造影剤)で膀胱の中の状態を確認したいとの事でMRI
 検査を 違う検査機関に行って検査してきました。

膀胱鏡検査ではイソギンチャク状の腫瘍に綿菓子が張り付いている
様な感じの腫瘍でした。
根元は見ることは出来ませんでしたが根が浅そうとの事でMRIで
膀胱の厚みにどのくらい食らいついているか確認したいらしいです。
今日のCTでは45mm程度の腫瘍らしいです。

昨日今日で大学病院でかかった費用は  19060円
MRI検査で             10780円

先月の泌尿器科でかかった費用は    23380円

泌尿器科と大学病院とで同じ検査を行って
 泌尿器科  23380円(CTは院外で含む)    
 大学病院  19060円
という結果になりました。

1週間くらいで手術を行えるように用意したいとの事でした。
(各科での手術の枠とその難易度で手術室が異なるのでその調整)
平日に連絡があるとの事で電話待ちです。

あと 入院の説明も併せて 動画と看護師さんの説明を合計40分
ほどして頂きました。そこの看護師さんの説明も上手かったです。

いつでも入院できる体制を整え短期勝負で手術治療を行って頂きたい
です。

私はまな板の鯉状態ですので なる様にしかなりませんが 今できる
ことは 体調を整えベストの状態で治療を受ける事だけですので
手術まで養生したいと思います。


痛風の薬は ベンズブロマロン50mgを飲んでおりますが
(ユリノームの後発薬)これは尿酸を体外に出す薬なので
結石ができやすい。したがって、尿酸を抑える薬に切り替えた方が
良いとの事でアロシトールやフェブリクにするように内科の主治医
に話してみたらどうかとの提案を頂きました

それでは。

スポンサーリンク

プロフィール

おやじラリーマン

Author:おやじラリーマン
こんにちは。家族の為に30000円の小遣いを節約して投資を始めます。2020年8月膀胱腫瘍になりました。闘病記録も併せてアップしていきます。

スポンサーリンク

お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プライバシーポリシー

広告の配信について 当サイトはGoogle及びGoogleのパートナー(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトやその他のサイトへの過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 Google が広告 Cookie を使用することにより、当サイトや他のサイトにアクセスした際の情報に基づいて、Google やそのパートナーが適切な広告を表示しています。 サイト利用者様はGoogleアカウントの広告設定ページ(https://adssettings.google.com/ u/0/authenticated)で、パーソナライズ広告を無効にできます。また aboutads.info のページにアクセスして頂き、パーソナライズ広告掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告におけるCookieの取り扱い詳細については、Googleのポリシーと規約ページ(https://policies.google.com/ technologies/ads)をご覧ください。

スポンサーリンク

検索フォーム

コメント

非公開コメント